宮崎県新技術活用促進システム

新技術登録内容

1.登録申請者

会社名株式会社スーパーシールド
郵便番号・住所〒890-0056 鹿児島県鹿児島市下荒田1-18-5
担当部署技術部
電話番号099-251-1651
FAX番号099-296-9124
E-mailsyu@car.ocn.ne.jp
ホームページURLhttp://www.supershield.jp/

2.新技術の名称等

新技術の名称けい酸塩系コンクリート含浸材「SUPERSHIELD」
開発年(西暦)2010年
開発体制単独
共同研究者
開発会社株式会社スーパーシールド
開発会社と申請者の関係

3.新技術の分類

区 分1 その他技術
区 分2 材料
分 類コンクリート表面保護工

4.キーワード

項目 コスト縮減 / 環境の保全

5.国土交通省への登録状況

申請地方整備局名 登録年月日 登録番号 評価結果
九州地方整備局 2015年9月7日 QS-150019-A

6.特許等

特許番号 実用新案番号

7.制度等による証明

証明機関 証明番号 証明年月日
建設技術審査証明事業
その他

8.活用の効果

従来技術名 表面保護工法(有機系塗膜材)
経済性 向上 (54.3 %)
工程 短縮 (89.19 %)
品質・出来形 向上
安全性 向上
施工性 向上
環境 同程度

9.特徴

 スーパーシールドのコロイド溶液中には、不溶性で高強度の一次径1nm~50nmのシリケート(コロイド粒子)が含まれています。溶液を塗布することで新旧硬化コンクリート(セメント系硬化体)に浸透し、コンクリートの内在成分と反応して、一次粒子径1nm~50nmが凝集粒子径、最少1nm~最大数百nmまで形状を結合変化させながらコンクリートを緻密化する特徴を有しています。
スーパーシールドは、溶液成分イオン浸透効果により、新旧コンクリート(セメント系硬化体)の有害な毛細孔、微細ひび割れに深く浸透する為、硬化コンクリートの深部から緻密化にして、コンクリートの耐久性を大きく向上させます。    その為、炭酸ガスによる中性化を抑制し、塩害物による鉄筋腐食の抑制する他、自己修復性能も備えた次世代・高性能コンクリート防水・保護材です。                                                   その他、表面含浸材の課題であった施工管理、品質管理課題を解決できる塗布量管理システム、パステスターを使用することにより、品質の高い施工も可能になるコンクリートの長寿命化技術です。                       また、経年劣化、中性化などにより、コンクリート自体のカルシュウム不足を解決する為、ストレングス材(カルシュウム付加材)を併用で塗布することによりコンクリート内部を効率よく改善できます。

10.施工方法

①施工するコンクリート面を高圧洗浄する。
②スーパーシールドを噴霧器またはローラー刷毛を用いて、150ml/㎡(1回目)を塗布する。                ③1回目塗布・管理用のパステスター(1st)を反応発色の確認後、パステスター(1st)撤去する。※反応発色不足の場合、再塗布の施工を行う。        
④スーパーシールドの塗布面の半乾燥状態を確認後、スーパーシールドの表面固結反応を遅らせるため、散水を行う。※噴霧器による低圧散水(霧状)を行う。(必要に応じ。)※1回目塗布から2回目塗布までのインターバルは、夏場で10~30分程度、冬場で20~40分程度とする。 
⑤スーパーシールドを噴霧器またはローラー刷毛を用いて、100ml/㎡(2回目)を塗布する。                ⑥2回目塗布・管理用のパステスター(2nd)を反応発色の確認後、パステスター(2nd)撤去する。※反応発色不足の場合、再塗布の施工を行う。 
⑦スーパーシールドの塗布面の半乾燥状態を確認後、スーパーシールドの表面固結反応を遅らせる為、散水を行う。※噴霧器による低圧散水(霧状)を行う。(必要に応じ。)  
⑧施工完了。

11.歩掛・単価等

 新技術の歩掛・単価 300㎡あたり
①項目 ※材料費 SUPERSHIELD(2回塗り)(0.15+0.1)x300x1.15
※数量86.3L ※単価(円)9850 ※金額(円)850055 ※摘要 見積 
②項目 ※材料費 塗布量管理テスター(2枚/1組)※数量30組 ※単価(円)3000  
※金額(円)90000 ※摘要 見積 
③項目 ※土木一般世話役 ※数量2人 ※単価(円)21600 ※金額(円)43200
※摘要 H27年度公共労務単価、見積
④項目 ※特殊作業員 ※4人 ※単価(円)20000 ※金額(円)80000
※摘要 H27年度公共労務単価、見積 
⑤項目 ※普通作業員 ※数量8人 ※単価(円)14700 ※金額(円)117600
※摘要 H27年度公共労務単価、見積
⑥項目 ※機械器具賃料 高圧洗浄、給水タンク、薬剤噴霧器、低圧散水機、発電機、その他
※数量1式 ※単価(円)40700 ※金額(円)40700 ※摘要 見積 
⑦項目 ※諸雑費 消耗品等 ※数量1式 ※単価(円)61045 ※金額(円)61045 
⑧合計:1282600円/300㎡あたり            

12.適用条件

①自然条件
・雨天の場合、施工不可。
・施工時の外気温は5℃~40℃の範囲とする。
・湿潤状態でも施工可能。
②現場条件
・2tトラックが駐車(2mx4m)できる程度のスペースが必要。 
③技術提供可能地域
・全国
④関係法令等
・特に無し。
適用範囲
①適用可能な範囲・新設、既設コンクリート全てに適用可能。
・ひび割れ(幅=0.2mm以下)に適用可能。
・含浸深さは、44mm程度とする。
②特に効果の高い適用範囲
・微細ひび割れ、打継目など、劣化進行が懸念される箇所。 
・中性化劣化抑制
・塩害物侵入抑制
③適用できない範囲
・0.2mmを超えるひび割れ
④適用にあたり、関係する基準及びその引用元
・土木学会、表面保護工法設計施工指針(案)2005
・土木学会、けい酸塩系表面含浸工法の設計施工指針(案)2012                                留意事項                                    
①設計時                                   
・土木学会、表面保護工法設計施工指針(案)2005および土木学会、けい酸塩系表面
含浸工法の設計施工指針(案)2012準拠すること。                  
・劣化している脆弱部、ひび割れ部などは、事前に適切な方法(ひび割れ補修等)を
考慮する。                                  
・塗装、撥水剤、樹脂剤によって施行されている場合や油分の付着している場合は、
ブラスト処理またはケレン等を考慮する。                     
②施工時                                  
・施工箇所周辺にガラスがある場合、ガラス面にコロイド粒子の付着を防止する為、
ガラス面への保護養生策を講ずる。                                  
・専用の塗布管理パステスターを設置し、適正発色を確認しながら施工を行う。
・施工に際しては、施工要領書に従う。

13.施工実績

発注機関県内件数県外件数
国、公団等8
地方自治体補助事業
単独事業
民間2

県内での主な施工実績

発注者工事名施工年度CORINS登録番号

県外での主な施工実績

発注者工事名施工年度CORINS登録番号
鹿児島国道事務所国道3号五反田川橋外7橋耐震補強補修工事414434015705987
鹿児島市谷山建設課維持係塩釜橋補修工事(その5)411224012737527
鹿児島県姶良伊佐振興局第1号県単橋梁整備(通常)工事(永瀬橋)411534013276107
鹿児島県鹿児島地域振興局建設部第8号県単橋梁整備(通常)工事411534013330382
鹿児島県北薩地域振興局第2号県単橋梁整備(通常分)工事(平川橋工区)412444013890110
愛媛県西条市役所西建維橋第2号玉津橋補修工事412444013340885
愛媛県西条市役所西建維橋第3号富岡橋他補修工事412444013553761
鹿児島県大島支庁沖永良部島事務所農地整備事業(通作・保全)与論南部地区24-1工区41212

14.施工者

一般の建設業者で施工可能

15.新技術提供企業

新技術の名称けい酸塩系コンクリート含浸材「SUPERSHIELD」

新技術提供企業

代表
企業名担当部署担当者住所TELFAXE-mail
株式会社スーパーシールド 技術部 松原 修一 鹿児島県鹿児島市下荒田1-18-5 099-251-1651 099-296-9124 shy@car.ocn.ne.jp
代表以外(県内企業)
企業名担当部署担当者住所TELFAXE-mail
横浜ゴムMBジャパン株式会社九州カンパニー 宮崎支店 中村秀一 宮崎県宮崎市橘通西2-4-20アクア宮崎ビル5F 0985-25-9979 0985-25-9989 h-nakamura@mb.yrc.co.jp
代表以外(県外企業)
企業名担当部署担当者住所TELFAXE-mail

16.主な製造工場

製造工場名担当部署担当者住所TELFAXE-mail

17.主な原材料産地

原材料産地名取扱会社名担当部署担当者住所TELFAXE-mail

18.県内活用技術参考写真

新技術の名称けい酸塩系コンクリート含浸材「SUPERSHIELD」
トップへ
戻る