宮崎県新技術活用促進システム

新技術登録内容

1.登録申請者

会社名有限会社 ひむかTEC
郵便番号・住所〒883-0041 宮崎県日向市北町2-87
担当部署
電話番号0982-50-0277
FAX番号0982-50-0677
E-mailhimuka@toko-techno.com
ホームページURL

2.新技術の名称等

新技術の名称ひむかフェンス(簡易式落石防護柵)
開発年(西暦)2015年
開発体制共同(民民)
共同研究者東京製綱株式会社
開発会社有限会社ひむかTEC
開発会社と申請者の関係工事会社・資本提携

3.新技術の分類

区 分1 県内関連技術
区 分2 工法
分 類落石防護柵工

4.キーワード

項目 コスト縮減 / 環境の保全 / その他(簡易的落石防護柵)

5.国土交通省への登録状況

申請地方整備局名 登録年月日 登録番号 評価結果

6.特許等

特許番号 実用新案番号

7.制度等による証明

証明機関 証明番号 証明年月日
建設技術審査証明事業
その他

8.活用の効果

従来技術名 ストンガード(落石防護柵)
経済性 向上 (10 %)
工程 短縮 (400 %)
品質・出来形 同程度
安全性 向上
施工性 向上
環境 向上

9.特徴

 1.概要
 ・当製品は、極めて軽微な災害や防災対策として安価なものが求められる時代に対応すべく製品化しました。
 ・従来の落石防護柵とは違い、コンクリート基礎を必要とせず、道路際などの狭い用地にも容易に施工することができます。
 ・災害発生時には、一時的な仮説防護柵としても対応できます。
 
 2.構造上の特徴
 ・軽微なエネルギーだけを受けるために、構造が単純で組立易い構造です。
 ・支柱を杭打ち機にて設置するため、岩盤でも土砂でも設置が可能です。
 ・使用する機械はコンプレッサーとエアハンマーのみとなり、道路の道幅を大きく取る必要がありません。
 ・周囲に同化した塗装を施すことにより地山の景観、環境保全に貢献する仕様もあります。
 ・設置後に損傷や変形が発生し部材の取替えが必要になった場合でも、現地にて交換ができるような構造になっております。
 
 3.吸収エネルギー
 ・最小限の強度を有するものとして、金網線形:φ2.6m(引張強度11kJ)を基準とし、それを活かせる構造体としてその他の部材を採用しております。
 ・従来の製品と異なり、あくまで簡易的な落石防護柵のため、大きなエネルギーには対応ができません。
 ・落石による変形や破損が発生する前提で製品化しております。
 ・弊社独自の実証実験・検証を行い、十分な性能を有していることを確認しています。

10.施工方法

 1.準備         ・・・起工測量・伐開等含む
 2.マーキング      ・・・支柱位置の決定
 3.基礎杭打ち込み    ・・・マーキングした箇所をエアハンマーで削孔し
                 支柱基礎を打ち込む。
 4.上部支柱取付     ・・・支柱基礎にボルトで上部支柱を固定していく。
 5.ロープ・金網架設   ・・・上下1本ずつ(計2本)ワイヤロープを
                張り、法面側に金網を張る。
                下部からの土砂の流出を防ぐため、
                折り返し金網を設置する。
 6.各部点検(部材締結) ・・・Uボルト等が確実に締まっているか
                確認する。
 7.片付け

11.歩掛・単価等

 ひむかフェンス(簡易式落石防護柵) 
    延長=30m 支柱間=2m 柵高=1.5m 杭長=1.1m
 〈材料費〉
  ケーブル構成       30m × 6,100円 = 183,000円
  中間支柱         9本 × 37,200円 = 334,800円
  端末支柱         2本 × 77,830円 = 155,660円
 
                    合計    673,460円
 
 
 〈架設費〉
  ケーブル・金網構成架設   30m ×  1,218円= 36,540円 
     位置決め工     11箇所 × 3,164円= 34,804円
    マシン据付工     11箇所 × 19,820円= 218,020円
    支柱構成架設      11基 × 46,552円= 512,072円
 
                    合計    801,436円
 
 
 〈直接工事費〉   材料費 673,460円 + 架設費 801,436円
                        =1,474,896円
                  改め     1,474,000円
 
               単位当たり   49,133円/m(設置延長30mの場合)
 
  *平成28年3月現在での労務費単価を使用。
  *小運搬は別途計上ください。

12.適用条件

 ・比較的軽微な災害に対する防災対策として、安価かつ容易に対応できる
  落石防護柵となっている。
 ・災害時における、簡易防護柵としても使用できる。
 ・柵高最大2.0mまで 杭長最大5.0mまで。

13.施工実績

発注機関県内件数県外件数
国、公団等0
地方自治体補助事業0
単独事業02
民間0

県内での主な施工実績

発注者工事名施工年度CORINS登録番号

県外での主な施工実績

発注者工事名施工年度CORINS登録番号
菊池地域振興局国道387号単県災害防除(通常)工事H26年度
佐伯土木事務所平成27年度防災単自在第1-14号災害防除工事H27年度

14.施工者

一般の建設業者では施工が困難 専用の削孔機が必要

15.新技術提供企業

新技術の名称ひむかフェンス(簡易式落石防護柵)

新技術提供企業

代表
企業名担当部署担当者住所TELFAXE-mail
(有)ひむかTEC 藤田 正春 宮崎県日向市北町2-87 0982-50-0277 0982-50-0677 himuka@toko-techno.com
代表以外(県内企業)
企業名担当部署担当者住所TELFAXE-mail
代表以外(県外企業)
企業名担当部署担当者住所TELFAXE-mail
東京製綱㈱ 九州支店 エンジニアリング事業部 中村 努 福岡県北九州市小倉北区浅野2-11-15 093-513-6111 093-511-2712 nakamura.tsutomu@tokyorope.jp
トーコーテクノ㈱ 九州支店 宮崎 義文 福岡県北九州市八幡西区別所町2-25 093-643-6011 093-643-6012 miyazaki.yoshifumi@tokyorope.jp

16.主な製造工場

製造工場名担当部署担当者住所TELFAXE-mail

17.主な原材料産地

原材料産地名取扱会社名担当部署担当者住所TELFAXE-mail

18.県内活用技術参考写真

新技術の名称ひむかフェンス(簡易式落石防護柵)
トップへ
戻る