宮崎県新技術活用促進システム

新技術登録内容

1.登録申請者

会社名有限会社 日向栄進産業
郵便番号・住所〒880-0855 宮崎県宮崎市田代町111
担当部署
電話番号0985-71-3145
FAX番号0985-71-3146
E-mailmizuho@himukaeishin.jp
ホームページURLhttp://himukaeishin.jp

2.新技術の名称等

新技術の名称ひむか式固液分離汚水処理システム
開発年(西暦)2015年
開発体制共同(民民)
共同研究者(有)トレス・テクノエンバイロ・セイシン産業・丸昭建設(株)・㈱アート
開発会社有限会社 日向栄進産業
開発会社と申請者の関係同社

3.新技術の分類

区 分1 県内関連技術
区 分2 工法
分 類汚泥処理システム

4.キーワード

項目 コスト縮減 / 環境の保全 / 県内公共工事採用実績

5.国土交通省への登録状況

申請地方整備局名 登録年月日 登録番号 評価結果

6.特許等

特許番号 実用新案番号

7.制度等による証明

証明機関 証明番号 証明年月日
建設技術審査証明事業
その他

8.活用の効果

従来技術名 無機質系中性凝集剤を用いた汚濁水浄化システム
経済性 向上 (67 %)
工程 短縮 (33 %)
品質・出来形 向上
安全性 同程度
施工性 向上
環境 向上

9.特徴

 ひむか式固液分離剤の効力により、淡水・海水を問わず従来の凝集剤をはるかに下回
 る使用分量で簡単な処理でスピード感のある固液分離を実現した。分離後は、BOD・SS・CODとも環境基準に基く値に成るので、海・河川への放流が可能になった。また、通常の汚泥(土木汚泥)からコンクリート汚水までの適応が広くでき、多少の分量調整のみで安易。また、2トン車に積載運搬でき、使用時には電源等の動力を必要とせず人力による簡単な作業で施工できるため熟練作業員が要らない。この様にひむか式固液分離剤と処理機材を使用する事により大幅なコストダウンと処理効率アップが望める。

10.施工方法

 処理機材(1立米)に汚泥を溜めひむか式固液分離剤を粉末(水溶液にしても良い)を規定量投入し攪拌棒(ほうき等でも良い)で、数分かき回す。その後固液分離が始り汚泥と処理後の水の分離が確認できる。すなわち上段部で攪拌、下部で沈殿分離(土嚢袋に入れる)となる。土嚢袋におちた汚泥は、土嚢袋の隙間から水が流れ放流となり、汚泥は土嚢袋の中に沈殿する。沈殿した汚水は、従来の凝集剤と違いヌメリ感が無いので早く固まるので、埋め戻し材としても可能である。

11.歩掛・単価等

12.適用条件

 処理機材は1.5メートルのスペースで使用可能であり、電源等を必要としないので施工エリアが狭くても良い。ひむか式個液分離剤は、海・河川水を選ばず使用出来る。処理する作業員が熟練工でなく誰にでも処理作業が出来る。

13.施工実績

発注機関県内件数県外件数
国、公団等
地方自治体補助事業222
単独事業3
民間1

県内での主な施工実績

発注者工事名施工年度CORINS登録番号
宮崎県串間土木事務所防国橋補国道448号市木橋橋梁撤去工事26
宮崎県宮崎土木事務所県道宮崎西環状線松橋工区旧橋撤去工事(その2)27
宮崎県北部港湾事務所防安港湾細島港(白浜地区)11号岸壁撤去工事27
宮崎県油津港湾事務所防安港湾油津港第1・2・3桟橋上部工補修工事27
宮崎県西都土木事務所交建防安一般国道219号十五番工区道路改良工事27
宮崎県油津港湾事務所防安港湾外浦港物揚場(-3.5M)桟橋補修工事26
西米良村総務課林道上米良・大平線寺谷橋取壊し一部復旧製作工事27
西米良村総務課社会資本整備総合交付金事業村道下谷橋補修工事28
宮崎県油津港湾事務所防安港湾油津港第1・2・3桟橋上部工補修工事28

県外での主な施工実績

発注者工事名施工年度CORINS登録番号
熊本県球磨郡錦町役場錦大橋上部工解体撤去及び河川内土木工事(1期)27
熊本県球磨郡錦町役場錦大橋上部工解体撤去及び河川内土木工事(2期)28

14.施工者

一般の建設業者で施工可能

15.新技術提供企業

新技術の名称ひむか式固液分離汚水処理システム

新技術提供企業

代表
企業名担当部署担当者住所TELFAXE-mail
(有)日向栄進産業 吉田瑞穂 宮崎県宮崎市田代町111 0985-71-3145 0985-71-3146 mizuho@himukaeishin.jp
代表以外(県内企業)
企業名担当部署担当者住所TELFAXE-mail
(有)トレス 甲斐公徳 宮崎県宮崎市清武町船引253 0985-84-0043 0985-85-0011 kai@e-tres.net
テクノエンバイロ 恒吉裕之 宮崎県宮崎市希望ヶ丘2-6-11 0985-56-5221 0985-56-5221 sgr-tsuneyoshi@jb3.so-net.ne.jp
セイシン産業 西坂盛治 宮崎県宮崎市佐土原町下田島12219-118 0985-73-4115 0985-73-4115
代表以外(県外企業)
企業名担当部署担当者住所TELFAXE-mail
丸昭建設(株) 本社 江藤昭信 熊本県人吉市西聞上町2479-1 0966-24-5650 0966-24-2960 eto@marusho-inc.jp
(株)アート 森 精二 鹿児島県霧島市隼人町住吉853-2 0995-43-1656 0995-73-4146 art-m@chime.ocn.ne.jp

16.主な製造工場

製造工場名担当部署担当者住所TELFAXE-mail

17.主な原材料産地

原材料産地名取扱会社名担当部署担当者住所TELFAXE-mail

18.県内活用技術参考写真

新技術の名称ひむか式固液分離汚水処理システム
実験ラボにての実験状況  (ひむか式固液分離剤)
※注意点
                                   通常pHは、7.0前後調整ですが、
                                   汚水原水の状態によって結果が
                                   変わります。
                                   写真は、実験のMAX調整してます。  
現場実施状況
H28宮崎県油津港湾事務所発注(日南市)
工事件名   平成27年度防安港湾第82-3-9号油津港第1・2・3桟橋上部工補修工事
H28宮崎県油津港湾事務所発注(日南市)
工事件名   平成26年度防安港湾第82-3-6号油津港第1・2・3桟橋上部工補修工事
H27 宮崎県北部港湾事務所 日向市
平成27年度防安港湾第82-1-2-1号細島港(白浜地区)11号岸壁撤去工事
※この場合、自然沈殿で施工してますが、脱水機を使用する事も可能です。
トップへ
戻る