宮崎県新技術活用促進システム

新技術登録内容

1.登録申請者

会社名株式会社 ヤマウ
郵便番号・住所〒880-2211 宮崎県宮崎市高岡町花見600番地
担当部署株式会社 ヤマウ宮崎営業部
電話番号0985-82-2001
FAX番号0985-82-2004
E-mailnagoya@yamau.co.jp
ホームページURLhttp://www.yamau.co.jp

2.新技術の名称等

新技術の名称B ライン側溝(自転車走行配慮・縁石分離型函渠側溝)
開発年(西暦)2016.04
開発体制単独
共同研究者
開発会社株式会社ヤマウ
開発会社と申請者の関係同社

3.新技術の分類

区 分1 その他技術
区 分2 製品
分 類排水構造物/側溝工

4.キーワード

項目 環境の保全 / その他(工期短縮・施工性向上)

5.国土交通省への登録状況

申請地方整備局名 登録年月日 登録番号 評価結果

6.特許等

特許番号 実用新案番号

7.制度等による証明

証明機関 証明番号 証明年月日
建設技術審査証明事業
その他

8.活用の効果

従来技術名 函渠型側溝および歩車道境界ブロック
経済性 向上 (1.68 %)
工程 短縮 (33 %)
品質・出来形 向上
安全性 同程度
施工性 向上
環境 同程度

9.特徴

 従来型は、側溝と縁石が別々の製品であったが、本製品は、側溝と縁石を一体化し
 工期短縮とコスト削減等が可能となる。
 又、縁石部の取り外しが容易なので、土地利用変化時に大掛かりな工事の必要が無い。
 更に、製品のコンクリート面が少ししか路面に露出していない為に、自転車走行時の
 安全性を保つ事が出来る。

10.施工方法

 通常の函渠製品と同様の、基礎工を行う。
 製品専用の吊冶具を使用し、側溝を所定の位置に設置する。
 製品専用の連結金具を使用し、側溝と側溝を連結する。
 設計/所定の高さまで、埋め戻しを、行う。

11.歩掛・単価等

 (製品 100m当り)
 土木一般世話役  3人
 特殊作業員   2人 
 普通作業員  6人
 バックホウ(1.7t吊) 3日
 基礎砕石費率   21%
 諸雑費率   17%   

12.適用条件

 (適用可能な範囲)
 歩道形式・・セミフラット形式
 車道面からの縁石の高さ・・15cm
 車道面と歩車道面の段差・・5cm
 最小施工半径・・R=20m
 車両荷重 T-25(縦・横断)及び歩道部

 (適用出来ない範囲)
 特に、無し。

13.施工実績

発注機関県内件数県外件数
国、公団等01
地方自治体補助事業02
単独事業00
民間00

県内での主な施工実績

発注者工事名施工年度CORINS登録番号

県外での主な施工実績

発注者工事名施工年度CORINS登録番号
福岡市清水干隈線道路舗装工事(その1)H28
大宰府市関屋・向佐野線第28-2工区道路改良H28
国土交通省平成28年度みやま地区歩道整備外工事H28

14.施工者

一般の建設業者で施工可能

15.新技術提供企業

新技術の名称Bライン側溝

新技術提供企業

代表
企業名担当部署担当者住所TELFAXE-mail
株式会社ヤマウ 宮崎営業部 下池康博 宮崎市高岡町花見600番地 0985-82-2001 0985-82-2004 shimoike@yamau.co.jp
代表以外(県内企業)
企業名担当部署担当者住所TELFAXE-mail
代表以外(県外企業)
企業名担当部署担当者住所TELFAXE-mail

16.主な製造工場

製造工場名担当部署担当者住所TELFAXE-mail

17.主な原材料産地

原材料産地名取扱会社名担当部署担当者住所TELFAXE-mail

18.県内活用技術参考写真

新技術の名称B ライン側溝(自転車走行配慮・縁石分離型函渠側溝)
トップへ
戻る