宮崎県新技術活用促進システム

新技術登録内容

1.登録申請者

会社名日建工学株式会社 九州営業所
郵便番号・住所〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東2-9-13
担当部署九州営業所
電話番号092-431-7776
FAX番号092-412-1417
E-mailkouya@nikken-kogaku.co.jp
ホームページURLwww.nikken-kogaku.co.jp

2.新技術の名称等

新技術の名称サブプレオフレーム
開発年(西暦)2012年
開発体制共同(民学)
共同研究者
開発会社日建工学株式会社、京都大学防災研究所
開発会社と申請者の関係共同開発者

3.新技術の分類

区 分1 その他技術
区 分2 製品
分 類被覆・根固工

4.キーワード

項目 コスト縮減 / その他(安全・安心、コスト縮減・生産性の向上)

5.国土交通省への登録状況

申請地方整備局名 登録年月日 登録番号 評価結果
東北地方整備局 2013年1月28日 THK-120001-A

6.特許等

特許番号 特願2010-231356 実用新案番号 無し

7.制度等による証明

証明機関 証明番号 証明年月日
建設技術審査証明事業
その他 一般社団法人漁港漁場新技術研究会 第14-A-002号 平成27年6月

8.活用の効果

従来技術名 石を腹付する工法
経済性 向上 (50.34 %)
工程 短縮 (64.79 %)
品質・出来形 同程度
安全性 向上
施工性 同程度
環境 同程度

9.特徴

 サブプレオフレームは、4辺を無筋コンクリートの側壁で囲み、上下方向がオープンなフレーム躯体と、中央の空間に充填した自然石の中詰材で構成された構造物である。
 防波堤の港内外に設置することにより、津波、及びその引き波に対し、堤体本体の滑動及びマウンドの安定性を高め、粘り強い構造を実現する補強工法である。

10.施工方法

 1.ブロック製作(中枠・外枠は、一度の吊上げでそれぞれが一体として外れるようになっており、簡単に脱型することができます。)
 2.ブロック据付(孔があるので水中でも水の抵抗を受けにくく、一般的な平型の被覆ブロックよりも容易です。)
  3.中詰石投入(中詰石は、グラブを使って直接投入することができます。)

11.歩掛・単価等

 算定条件
 1所要滑動抵抗力100KN/mとして、サブプレオフレーム20t型を3個使用した場合を想定した。
 サブプレオフレーム20t型1個の滑動抵抗力35.8kN/m×3個=107.4KN/m>100KN/m
 2従来技術の割石腹付による補強工法は、港湾の施設の技術上の基準・同解説平成19年度版P838(a)割石の滑動抵抗力に基づいて設計した。
 3従来技術の割石腹付による補強工法の断面は、高さ2.9m*天端幅2.9mの被覆石を腹付した断面となる。斜面勾配は1:2.0とした。
 4申請技術の施工費用は、制作費、横持費、運搬据付費(水中)、中詰石投入、中詰石均しを計上した。
 5従来技術の施工費用は、腹付被覆石投入、腹付被覆石均しを計上した。
 6労務単価は平成24年度公共工事設計労務単価に基づく。その他の単価は「建設物価」(平成24年5月号)に基づく。
 7サブプレオフレームの型枠賃料は、1,360円/㎡(特許料を含む)

12.適用条件

 1.自然条件
 ・制限無し
 2.現場条件
 ・ブロックの製作、養生並びに仮置のための作業ヤードが必要
 3.技術提供可能地域
 ・制限無し
 4.関係法令等
 ・港湾の施設の技術上の基準・同解説
 ・港湾工事安全施工指針

13.施工実績

発注機関県内件数県外件数
国、公団等1
地方自治体補助事業3
単独事業
民間

県内での主な施工実績

発注者工事名施工年度CORINS登録番号

県外での主な施工実績

発注者工事名施工年度CORINS登録番号
国土交通省 八戸港湾・空港整備事務所八戸港八太郎地区防波堤(北)(災害復旧)被覆外工事2012年
東京都離島港湾部元町港砂留提建設工事2014年
静岡県焼津漁港管理事務所焼津漁港水産流通基盤整備(特3種外郭)焼津南防波堤(改良)工事2015年
静岡県焼津漁港管理事務所焼津漁港水産流通基盤整備(特3種外郭)焼津南防波堤(改良)工事2016年

14.施工者

一般の建設業者で施工可能

15.新技術提供企業

新技術の名称サブプレオフレーム

新技術提供企業

代表
企業名担当部署担当者住所TELFAXE-mail
日建工学株式会社 九州営業所 神谷 福岡市博多区博多駅東2-9-13 092-431-7776 092-412-1417 kouya@nikken-kogaku.co.jp
代表以外(県内企業)
企業名担当部署担当者住所TELFAXE-mail
代表以外(県外企業)
企業名担当部署担当者住所TELFAXE-mail

16.主な製造工場

製造工場名担当部署担当者住所TELFAXE-mail

17.主な原材料産地

原材料産地名取扱会社名担当部署担当者住所TELFAXE-mail

18.県内活用技術参考写真

新技術の名称サブプレオフレーム
トップへ
戻る