宮崎県新技術活用促進システム

新技術登録内容

1.登録申請者

会社名和光コンクリート工業株式会社
郵便番号・住所〒883-0051 宮崎県日向市向江町2-125
担当部署営業チーム
電話番号0982-69-2216
FAX番号0982-69-2554
E-mailmasayasu.kanemaru@wakocon.co.jp
ホームページURLhttp://www.wakocon.co.jp/

2.新技術の名称等

新技術の名称GU(ジーユー)ブロック 置式タイプ
開発年(西暦)2015
開発体制共同(民民)
共同研究者
開発会社株式会社丸治コンクリート工業所、株式会社ニューメソッド
開発会社と申請者の関係通常実施権許諾会社

3.新技術の分類

区 分1 県内関連技術
区 分2 材料
分 類防護柵設置工

4.キーワード

項目 県内製造

5.国土交通省への登録状況

申請地方整備局名 登録年月日 登録番号 評価結果
関東地方整備局 2016年06月06日 KT-160028-A 事後評価未実施技術

6.特許等

特許番号 特許第5859610号他 実用新案番号

7.制度等による証明

証明機関 証明番号 証明年月日
建設技術審査証明事業
その他

8.活用の効果

従来技術名 現場製作 単独基礎
経済性 低下 (-273.88 %)
工程 短縮 (99.65 %)
品質・出来形 向上
安全性 向上
施工性 向上
環境 向上

9.特徴

路面に置いて使用することを基本に開発した道路規制箇所等に用いられる仮設柵用プレキャストコンクリート基礎ブロックです。置式設置以外でも、埋設設置や半埋設設置用として利用できます。
・ブロック同士がプレート連結のため、六角ボルトを外せば部分的に取り外しが可能です。 (破損等、供用箇所での取り換えが容易)
・歩道側へ移動する量を制限するため、15度の角度範囲は可動しますが、それ以上はブロック同士が干渉して可動を抑制します。
・クレーンやフォークリフトでの設置・撤去・移動が素早く行えます。(場合によってはハンドリフターでも対応可能)
・フォークリフト用の差し込み穴は、道路の片勾配による排水孔としても機能します。
・ブロック形状は左右対称なため、吊上げ時のバランスが良く、安定します。
  • 置式設置状態
    置式設置状態
  • 埋設設置状態
    埋設設置状態
  • ブロック同士がプレート連結の為
    ブロック同士がプレート連結の為
  • 部分的な交換も容易に実施可能
    部分的な交換も容易に実施可能
  • ガードレール支柱は2mピッチを標準
    ガードレール支柱は2mピッチを標準
  • フォークリフトでの施工も可能
    フォークリフトでの施工も可能
  • 形状・寸法
    形状・寸法
  • 連結プレート
    連結プレート

10.施工方法

①準備工
・連続基礎ブロックの設置位置にマーキング(チョーク等で)
(始点、終点、道路横断方向端部位置等)
②据付工
・1本目の連続基礎ブロックの据付
③据付工
・2本目の連続基礎ブロックの据付
④付帯工
・前後の連続基礎ブロックの接続作業
・連結プレートの接続に用いる六角ボルトはM16ネジ切5cmを使用します。
・連続基礎ブロックに埋設してあるめねじ(インサート)の上に座金、連結プレート、座金、六角ボルトの順に配置し接続します。
⑤防護柵設置工
・支柱建込
・充填(砂詰めとします。車両用防護柵標準仕様・同解説 平成16年3月 社団法人日本道路協会 P107参照)
・レールの取付
⑥竣工
  • 設置状態
    設置状態

11.歩掛・単価等

施工条件
・共通:防護柵設置工における仮設柵としてコンクリート基礎を用いた10m当たりの単価であり、防護柵設置工の費用は含みません。
・新技術:GUブロック置式タイプ B=500mm L=3mを連結して3.33個使用
・従来技術:現場製作 □500mm×500mm 高さ450mmの単独基礎を5個使用

算出条件
・共通:労務単価は、平成29年度公共工事設計労務単価(国土交通省公表資料より)東京都を使用
・新技術:施工歩掛りは、メーカー歩掛りを使用。トラッククレーン賃料は、積算資料平成29年4月より
・従来技術:コンクリート工における生コンの単価、鉄筋工における材料単価は、積算資料平成29年4月より。鉄筋加工費は、土木施工単価平成29年4月より
  • 施工歩掛等
    施工歩掛等

12.適用条件

○適用条件
①自然条件:特になし
②現場条件:4.9トン吊りトラッククレーン、4トンユニック付トラック、2トンフォークリフトのいずれかの機種を選定頂きまして、選定頂きました機種における作業範囲が確保できる現場

○適用範囲
①適用可能な範囲:アスファルト舗装やコンクリート舗装の施された路面
②特に効果の高い適用範囲:道路の工事箇所や規制箇所等の車両や歩行者・自転車等が通行する車道と歩道の境界
・進入防止箇所でブロックの移動を比較的頻繁に行う場所
③適用できない範囲:舗装がなされていない路面、アスファルト舗装やコンクリート舗装の施された路面で凸部30mm、凹部20mmよりも大きいわだち掘れがあるところ

○留意事項
設計時
・ガードレールへの衝突荷重に対し安定計算を行い最低連結延長を求めます。
・衝突荷重30kNの場合、B=600 L=18m、B=500 L=25m、B=400 L=37m
・凍結防止剤散布を冬季に行われる場合は、耐凍害性仕様として明記して下さい。
  • 置式用連結プレートによる接続部の耐力試験実施状況
    置式用連結プレートによる接続部の耐力試験実施状況
  • 耐力は30kN 以上であることが確認できた
    耐力は30kN 以上であることが確認できた

13.施工実績

発注機関県内件数県外件数
国、公団等05
地方自治体補助事業02
単独事業013
民間03

県内での主な施工実績

発注者工事名施工年度CORINS登録番号

県外での主な施工実績

発注者工事名施工年度CORINS登録番号
関東地方整備局相武国道事務所国道20号調布市飛田・府中市白糸電線共同溝(その2)平成28年度4025011032
愛知県知立建設事務所刈谷知立線街路改良工事(交付金)1号平成27年度4025292713

14.施工者

一般の建設業者で施工可能

15.新技術提供企業

新技術の名称GU(ジーユー)ブロック 置式タイプ

新技術提供企業

代表
企業名担当部署担当者住所TELFAXE-mail
株式会社丸治コンクリート工業所 研究開発部 広瀬 貴 〒505-0016 岐阜県美濃加茂市牧野1962-2 0574-26-1291 0574-26-6688 kaihatu@maruji.com
代表以外(県内企業)
企業名担当部署担当者住所TELFAXE-mail
和光コンクリート工業株式会社 品質管理・製品開発チーム 高橋 智成 宮崎県日向市山影丙1537-1 0982-69-2216 0982-69-2554 takahashi@wakocon.co.jp
代表以外(県外企業)
企業名担当部署担当者住所TELFAXE-mail

16.主な製造工場

製造工場名担当部署担当者住所TELFAXE-mail
和光コンクリート工業株式会社 生産管理チーム 川島 満成 宮崎県日向市東郷町山影丙1537-1 0982-69-2216 0982-69-2554 kawashima@wakocon.co.jp

17.主な原材料産地

原材料産地名取扱会社名担当部署担当者住所TELFAXE-mail

18.県内活用技術参考写真

新技術の名称GU(ジーユー)ブロック 置式タイプ
トップへ
戻る