宮崎県新技術活用促進システム

技術登録内容

1.登録申請者

会社名株式会社ダイクレ
郵便番号・住所〒737-8513 広島県呉市築地町1番24号
担当部署技術本部 技術開発課
電話番号0823-22-4966
FAX番号0823-25-7231
E-mailtanigawa@daikure.co.jp
ホームページURLhttp://www.daikure.co.jp

2.技術の名称等

技術の名称橋梁用FRP水切り板
開発年(西暦)2014
開発体制単独
共同研究者
開発会社株式会社ダイクレ
開発会社と申請者の関係同企業
県産品

3.技術の分類

区 分1 県内活用技術
区 分2 製品
分 類付属施設-橋梁付属施設設置工-その他

4.キーワード

項目 コスト縮減 / 県内公共工事採用実績 / その他(既設橋梁の改修、施工の簡易化、水切り効果の向上)

5.国土交通省への登録状況

申請地方整備局名 登録年月日 登録番号 評価結果
中国地方整備局 2020.2.18 CG-190023-A

6.特許等

特許番号 実用新案番号

7.制度等による証明

証明機関 証明番号 証明年月日
建設技術審査証明事業
その他

8.活用の効果

従来技術名 橋梁地覆補修工
経済性 向上 (37 %)
工程 短縮 (95 %)
品質・出来形 向上
安全性 同程度
施工性 向上
環境 向上

9.特徴

①何について何をする技術なのか?
橋梁の地覆や床版下面からの桁及び支承への伝い水を防止し、腐食を抑制する技術。

②従来はどのような技術で対応していたのか?
ステンレス製L型鋼による水切り構造

③公共工事のどこに適用できるのか?
地覆、床版、壁高欄、橋台への伝い水対策工事。
・下面へ適用の場合:L型水切り
・側面へ適用の場合:R型水切り

④その他
形状
L型形状
寸法:L60×50×1500(t=5mm)
重量:約1.3kg/本
材質:FRP

R型形状
寸法:85×55×1500(t=5mm)
重量:約2.0kg/本
材質:FRP
  • 損傷.jpg
    損傷.jpg
  • 取付.jpg
    取付.jpg
  • 構造.jpg
    構造.jpg

10.施工方法

①既設地覆にアンカーボルト用の孔を空ける。
・現地にて水切り板の取り付け位置(ボルト箇所)をマーキングする。
・マーキング箇所を電動ドリル等により穿孔を行う。
・孔を金属製ワイヤーブラシ・ブロワー等で孔内を清掃する。

②アンカーボルトを打設する。
・孔にケミカルアンカーを挿入する。
・続いてアンカーボルトをドリルにセットし、所定の長さまでアンカーボルトを打ち込む。
・打ち込み完了後、硬化養生を行う。

③シール材を塗布する。
・橋梁用FRP水切り板及び接着面のごみ等を取り除き、シーリング充填溝の全幅へシーリング材を充填する。

④水切り板を取付ける。
・水切り板をアンカーボルトにセットし、ナットを締め付けて取り付ける。
・モニタリング孔からシーリング材があふれ出ていることを確認する。
・モニタリング孔からシーリング材があふれ出ていない場合は、シーリング材の量が不十分なため、再度③から作業を行う。

⑤水切り板設置完了。
  • 施工手順1.jpg
    施工手順1.jpg
  • 施工手順2.jpg
    施工手順2.jpg
  • 施工手順3.jpg
    施工手順3.jpg
  • 施工手順4.jpg
    施工手順4.jpg
  • 施工手順5.jpg
    施工手順5.jpg

11.歩掛・単価等

 〇製品価格:12,200円/m(取付ボルト含む)
 〇施工能率:50m/日
 〇アンカー設置工:3,047円/m
 〇FRP水切り板設置工 設置歩掛:1,144円/m(宮崎県、参考価格)
   土木一般世話役 1人
   特殊作業員   1人
   普通作業員   1人

12.適用条件

 橋梁全般
  地覆、床版、壁高欄、橋台の漏水防止が必要な個所。
  あと施工アンカーの施工が可能な個所。

13.施工実績

発注機関県内件数県外件数
国、公団等05
地方自治体補助事業413
単独事業13136
民間04

県内での主な施工実績

発注者工事名施工年度CORINS登録番号
宮崎県日向土木事務所岩屋戸橋他1橋 橋梁補修工事H26
宮崎県西都市役所平成25年度社会資本整備総合交付金事業 第22-A10-1号桜川町有吉線(桜川町4号橋) 橋梁補修工事H26
宮崎県延岡市役所塔乃瀬橋H27
宮崎県延岡市役所中村橋H27
宮崎県諸塚村役場猿渡橋H29
宮崎県都城土木事務所下ノ原橋H30
宮崎市役所大久保橋H31

県外での主な施工実績

発注者工事名施工年度CORINS登録番号
鹿児島県庁成木田橋H26
岩手県田野畑村役場巣合中の橋H27
山形県最上総合支庁小川内橋H28
丹波市役所稲継大橋H31
中丹東土木事務所将軍橋R2

14.施工者

一般の建設業者で施工可能

15.技術提供企業

技術の名称橋梁用FRP水切り板

技術提供企業

代表
企業名担当部署担当者住所TELFAXE-mail
株式会社ダイクレ 橋梁・景観事業部 藤通 将太 福岡県福岡市博多区店屋町 5-18 NSビル2F 092-262-8765 092-262-8760 fujimichi@daikure.co.jp
代表以外(県内企業)
企業名担当部署担当者住所TELFAXE-mail
代表以外(県外企業)
企業名担当部署担当者住所TELFAXE-mail

16.主な製造工場

製造工場名担当部署担当者住所TELFAXE-mail

17.主な原材料産地

原材料産地名取扱会社名担当部署担当者住所TELFAXE-mail

18.県内活用技術参考写真

技術の名称橋梁用FRP水切り板
 施工年度:平成26年3月
 発注者 :宮崎県日向土木事務所
 工事名 :岩屋戸橋他1橋 橋梁補修工事
 施工場所:宮崎県日向市 

 施工年度:平成28年
 発注者 :青森県弘前市役所
 工事名 :稲元橋橋梁補修工事
 施工場所:青森県弘前市大字上白銀町 
  • 岩屋戸橋他1橋 橋梁補修工事
    岩屋戸橋他1橋 橋梁補修工事
  • 稲元橋橋梁補修工事
    稲元橋橋梁補修工事
トップへ
戻る